本文へスキップ
生活習慣の改善のために  年中無休・24時間注文受付中

当ショップでは、
血糖測定器本体及び測定チップとも国内の調剤薬局の
約1/2の価格にて提供させていただいております。
糖尿病および予備軍の方々や、生活習慣病の方々の
定期的な測定をご提案いたします。
QRコード 携帯版サイトもご利用ください
← QRコード
 
What's new ! 最終更新日 2014年9月18日
『高精度』プレシジョン・エクシード
                   
血糖値 測定 血糖測定器のISO基準
測定値の95%以上が、標準値に対して75mg/dl未満では±15mg以内に、75mg/dl以上では±20%以内に収まることが要求されます。

すなわち、機種により最大20%までの誤差があるという事です。


血糖測定器の「正確度」のランキングは?


下記 urlをクリックをして下さい

http://allabout.co.jp/gm/gc/400471/

『測定器の精度』が商品ご購入の必須条件です。




血糖管理(糖質制限)によって心筋梗塞・脳梗塞のリスクから開放されます。
そのためにも、日々の血糖測定が益々重要となります。
血糖値 測定 当ショップにおきまして
血糖測定器および検査チップの輸入の代行をしております。


【糖質制限のおすすめ】

今話題糖尿病の食事療法です

糖尿病薬やお茶・サプリ(副作用に注意!)では、ほとんど改善されませんが、近年、世界的に糖質制限食(カーボカウント)の効果が立証されております。
                 
特に、日本糖尿病学会におけるカロリー制限の指導と異なり、
糖分
(炭水化物)の摂取を極力控え、そのかわりタンパク質等を多く摂取して、経口剤・インスリン注射に依存しない食事療法です。



毎食、糖分摂取量を計算カーボカウントし、毎回の食前・食後2時間の血糖値を、血糖測定器にて測定・記録することにより、

合併症(脳梗塞・心筋梗塞・網膜症・腎臓障害)発病の可能性を低減させるための医療法です

一言でいえば、主食(米・パン・うどん)を少なくし、肉・さかな等たんぱく質は好きなだけ食べるというものです。 



糖尿病に関すること

健常者の基準値)空腹時血糖値110mg/dl食後2時間140mg/dl以下                      ヘモグロビンA1c 5.8%未満

 
☆合併症について

網膜症----------------->失明 

腎症--------------->人工透析

神経障害--->壊疽(手足の切断)

動脈硬化-->脳梗塞、心筋梗塞等


☆インスリンについて

い臓のβ細胞でつくられるホルモンで、糖質・タンパク質・脂肪などの栄養素が体内で吸収され、利用されるために大切な調整をしている



☆インスリンの自己注射について

・毎食前および就寝時、お腹等に注射


血糖測定器(健保適用)で食前・食後2時間の血糖値の測定



☆低血糖の注意事項


・発汗・動悸・手足の震え等の症状
起きた場合は、ブドウ糖・飴・ジュース等を口にすること


☆経口剤について


SU
(スルフォニル尿素剤)
   インスリンの分泌をうながす
          
BG剤(ビグアナイド剤)     糖の代謝を促進する

αグルコシダーゼ阻害剤 
小腸での糖の吸収を遅らせる
                                  
                                        以上
                                        

 
お知らせ
★プレシジョン・エクシードのメーカーである『アボット社』は米国,に本社を構えている血糖測定器メーカーですが世界数十か国に支社を構えております。開発・設計は米国ですが、製造は海外生産で、アジア・欧州・オーストラリア等の工場で生産しております。

パッケージは支社によってデザインが異なる場合がありますが、国内流通品と同じ製品です。

国内販売会社
ニプロ・オムロン
ジョンソン&ジョンソン

は輸入販売のみで血糖測定器の開発・設計及び製造はしておりません。
 TOP HOME次のぺージ →